トップ -> るろうに研究所 -> なぜ男装はよくて女装はだめなのか

なぜ男装はよくて女装はだめなのか

女性が男性っぽい服装をしてもあまり違和感を感じませんが,その反対に男性が女性っぽい恰好をするとかなり違和感を感じるのが一般的です.コスプレのイベントでも「女装禁止」はあっても「男装禁止」はめったに見かけません.「不公平だ」という意見も聞かれますが,男女の違いを表している一つだと思います.

成人男性の体には,子どもや女性とはすぐに見分けられる特徴(ひげ,足や腕の濃い体毛,声変わりなど)があります.このため,何の細工もなしに女性用の衣服を身につけると,非常に違和感のある姿になってしまいます.成人男性とわからないようにするにはよほどの工夫が必要になりますから,中途半端だと周りに不快感を与えかねません.コスプレをはじめとしてイベント主催者も,「気持ち悪い女装の人がいる」などと苦情が来てはイベントを運営できなくなる可能性もありますから,苦情を減らすための防衛策として「女装禁止」にしざるをえなくなると思われます.お笑い芸人などで女装する人はこのことを使って笑いを誘っているともいえます.

一方で女性の場合,男性用の制服を代用して着る場合もありますし,鉄道会社など近年になって女性が進出した業界の制服は男性用に近いケースも多くあります.また,男性用装飾品の代表格であったネクタイも,近年は女性が私服で身につけることも多くなってきました.コスプレの世界では,とくに少年(名探偵コナンの江戸川コナンなど,おおむね小学校低学年以下)のキャラクターの場合,男性がやるよりも女性がやったほうが見栄えが良くなる傾向にあります.

結局のところ,男性の身体的な特性と男女の服装の違いで,この問題が起きていると思われます.