新学期の準備

 新学期は新しいことがいっぱい!特に入学したばかりだと戸惑うことが多いのではないでしょうか。
1.授業について
大学では、高校までのような始業式もなく、いきなり授業が始まります。授業開始日は、取るべき講義の教室に行きましょう。最初の一週間ほどの間は、履修登録していなくても授業に出ることができます。おもしろくなければ(必修でない限り)ほかの科目に変更したり、その科目を取るのをやめたりすることができます。第1回の授業は、ガイダンスのみで終了することも多いので、第1回に出なかったからといって大きな不利益をこうむることはありません。ただし、必修の科目などすぐに内容に入ってしまうものもあるので注意してください。

なお、単位を取るにはまず「受講登録」が必要です。この手続きを経て「私はこの授業に出席し勉強する意思があります」ということを表明し、初めて単位を取得する権利が生まれます。履修登録していない授業に出席し、課題を提出し、試験を受けていくら良い成績を上げても単位をもらうことはできませんので注意してください。

授業に関するの連絡は、教員から直接伝えられるほか、掲示板に張り出される場合もあります。掲示板に連絡事項が張り出されると、学生に連絡が伝わっているものとみなされるので要注意です。掲示板をチェックしなかったために、課題が課されたり、試験が実施されたりしたことを知らず、単位を落としてしまう学生も毎年いるようです。

また、言うまでもないと思いますが、無断欠席・遅刻や授業中の私語・居眠り・飲食・携帯電話の使用はしないようにしましょう。あまりに授業態度が悪いと、退室を命じられたり、欠席したものとして扱われたりすることがあります。また、3回以上の欠席は放棄とみなすなど、出席については特に厳しい科目もありますのでシラバスの記述や第1回の授業での連絡に注意してください。

2.教科書の購入
教科書は、書店に行って学生がそれぞれ購入します。といっても、普通の書店では手に入れることが難しい専門書も多くありますので、大体の大学では生協で教科書として指定された本が販売されます。特に工学系の専門書は値段の高いものが多く、2〜3万円かかることも少なくありません。まれに、古本屋で安く購入することができるケースもあるようです。

なお、第1回の授業で説明がありますが、必ずしもシラバスに指定されているものでないといけないということはありません。教科書の演習問題を行う数学や物理学などでない限り、自分の分かりやすいものを購入したほうがよい場合もあります。数学や物理学でも指定の教科書があまりに分かりにくいと感じるならば、別の本を買って(あるいは図書館で借りて)勉強するのもよいでしょう。

3.履修登録の注意点
取る授業がきまったら履修登録です。用紙への記入は丁寧に行ってください。コンピュータ処理・手作業を問わず、汚い字だと読み間違いや読み取り不能の原因になります。また、提出前には再度記入事項の確認を忘れないようにしてください。特に次の点は要チェックです。

・字は丁寧で他人でも容易に判読できるか。

・必修科目を登録し忘れていないか。

・語学、スポーツ実習など、クラス分けを行っている科目では、間違って違うクラスの授業コード(科目名)を記入していないか。

ちなみに、授業コードは規則性をもってつけられていることが多いため、慣れてくると間違ってちがう学科が対象のものを記入すると「なんかおかしいな」と感じるようになっています。(学科を越えて開講される授業もあるため、一概に「おかしい」といえませんが)

目次に戻る 単位の取り方に進む