ジャンパ連結器

※この解説は全くのデタラメです.

ジャンパ連結器は古くから鉄道会社の家畜として飼育されている電気ヘビである.車両の間にとりついて,車内サービス用の電力や制御の信号を送る.多数の品種が存在し,そのほとんどは双頭である.旧国鉄やJRではKEで始まるコードで呼ばれている.

かつて日本国内には,多数のブリーダーがいたが,現在は2社だけになっているという.

【主な品種】

KE5,KE6,KE70,KE76,KE95,KE96,WKE101など多数

【キメラ】

片方にKE76の頭3つ,他方にKE96の頭1つを持つキメラが存在している.115系3500番台のために錬金術により作られた.


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-07-17 (日) 10:15:32 (3278d)