和歌山大学システム工学部光メカトロニクス学科

梅ノ辻剣心が通っていた大学.ほとんど男子しかおらず,勉強が忙しいので遊びや恋を思い切り楽しみたい人にはお勧めできない学部・学科である.志望校選定の時点では「なんとかなるだろう」と自分のことをよく考えなかったために痛い目に遭った.和歌山大学の中では就職率が非常によく,大手自動車メーカーやJR東海(プロフェッショナル職)への就職例もあるため,決して誰にもお勧めできないような学部・学科でない.

同学科ホームページのQ&Aにおいて「大学生って遊んでばかりじゃないんですか?光メカに入学した先輩達の日頃の生活ぶりを教えて下さい.」という質問に対し「世の中のイメージとなっている「遊んでいる大学生」とはほど遠いのが光メカの学生生活です.1年生の講義,演習からハードな学生生活が始まります.2年生からは,実験レポート作成におわれるようになり,年次が上がるにつれてハードさが増します.これらの厳しい学生生活はすべて社会に出たあとに実を結ぶように設計されています.光メカの先輩達は,忙しい勉学の合間を縫って課外活動を行っている者もいます.」と回答している.特にこの「厳しい学生生活はすべて社会に出たあとに実を結ぶよう」とは「寝食忘れて仕事に没頭する人材を育てる」ということを意味すると思われ,この学科の特性をよく表現している.

なお,2004年には「女性が一人も入学しない」という珍事も発生している.


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-07-14 (木) 04:07:32 (3278d)