トップ -> るろうに出版 -> るろうにウイークリー Vol.073

るろうにウイークリー Vol.073

JR西日本の「計画運休」
原因の部品工場は原発のそば


るろうに研究所 鉄道技術部が移転

カラスが工場内でイタズラ
工具持ち去りも発生?


関東のコスプレダンパに痛恨の一撃
計画停電で昼間イベントは開催不能か?


JR西日本の「計画運休」
原因の部品工場は原発のそば

JR西日本が「計画運休」をする事態が起きた原因である保守部品の工場ですが,福島第一原子力発電所から半径20km以内の「避難指示区域」の中にあり,操業が不可能であることがわかりました.

JR西日本の発表したプレスリリースから得られる情報をもとに,インターネット上で検索したところ,この工場と福島第一原子力発電所の直線距離は10km以内であることが判明しました.すなわち,これは当面の間,もしかするとほぼ永遠に操業を再開できない状態です.この工場が移設されない限り,「計画運休」の解消は不可能であるかと思われます.

代替の方法としては,電車で運行している列車を気動車に変更するということが挙げられます.しかし,気動車は電車と比較して性能が劣るうえ,ステップがあってここが穴になってしまい,乗客がつまづく危険性もある(実際にけがをする事象も起きている)などすぐには難しいのが現状です.

るろうに研究所 鉄道技術部が移転

るろうに研究所 鉄道技術部が2011年4月1日に移転したことが明らかになりました.同じ工場内で移動しただけですが,これまでとはまた異なった作業になるため,ほぼ一からのスタートとなっています.

今回の移転は,工場内の業務量のバランスの都合によるもので,3月までの現場の業務量が少なく人員過剰となり,今回移転した現場の業務量がかなり多くて人員不足が予想されるためです.業務量はやや増加する見通しとなっていますが,今年から住民税の支払いが始まるため,収入はやや減る見通しになっています.

カラスが工場内でイタズラ
工具持ち去りも発生?

るろうに研究所 鉄道技術部がある某工場内では,最近カラスによるいたずらが多発しており,現場は頭を悩ませています.手洗い場の石鹸を持ち去る,冷温水器の上に分をするなどのほか,3月には工具置き場が荒らされていくつかの工具がなくなる騒ぎが起きています.その後工具置き場を荒らすカラスが目撃したという情報が事務所に寄せられている模様です.

いたずらがエスカレートすれば,製品にいたずらをする可能性も否定できず,大事故につながる危険性もあることから,対策を迫られるものと思われます.

関東のコスプレダンパに痛恨の一撃
計画停電で昼間イベントは開催不能か?

計画停電の影響は各種のイベントにも広がっています.関東では,先日の東京ドームシティーのジェットコースター以来,開催が減少していたコスプレダンスパーティーに,さらに追い打ちがかかる状況になってしまいました.コスプレダンスパーティーでは,音響設備などに大量の電力が必要であることから,特に計画停電の実施される昼間の開催が難しく,会場が地震で大きな損傷を受けたとの情報もあり,現在はほとんど開催できなくなっている模様です.なお,夜は計画停電の影響を受けないことから,3月下旬から順次再開している模様です.

一方で,なんとかコスプレダンパに参加した気分になってほしいといった旨なのか,UStreamなどを通じてDJ音声を流すといった動きもみられます.主催者やDJは参加者のつなぎとめに必死になっている模様です.